原告個人への嫌がらせは止めろ!!!

原告側の主張によると、原告個人の家に抗議電話を掛けるなどの嫌がらせがかなりあるらしい。 そのような嫌がらせを本当にやっている人がいるなら今すぐ止めるべきである!!!

  • 脅迫により裁判を受ける権利を奪おうとするなど、不当な手段を用いる者には正義はない(主張の正当性が疑われる)
  • 原告に嫌がらせをしても、自己満足以上の得るものがなく、不毛である
  • 原告側に「自分達は被害者」とする口実を与える
  • 主張があるなら、それを社会に反映するために多くの人に聞いてもらうべきであり、閉鎖的な場の抗議で終わらせるべきではない

国民には、どんなに不当な要求であっても、裁判を受ける権利がある。 正義は、適切な手段によって実現するものであって、何者かの神の力によって実現するものではない。 裁判においては、原告、被告双方に弁証の機会を十分に与え、中立的な裁判官によって判決をくだすことによって実現するものである。 決して、一部の者が不当と思う要求を一部の者の脅迫によって取り下げさせることによって実現するものではない。 それは、独裁であって正義ではない。

言いたいことがあるなら表立って言うべきである。 影でコソコソ嫌がらせをする行為は、表立って意見を表明する者の足を引っ張る行為に他ならない。 他人を批判するならばこそ、自分達の襟を正すべきである。


  • このページの参照元

メニュー

注意事項

医療問題

全般

イレッサ

偏向報道

訴訟

判決関係

原告の姿勢等

関係団体等

関連情報

ジョーク

外部リンク