【冗談】イレッサ(ゲフィチニブ)の悪魔

概要 

イレッサの悪魔とは、主に近代の医療の分野で医薬品の“欠陥”を論じる時に仮想された超越的存在の概念であり、イレッサ“薬害”訴訟の原告によって提唱されたもののこと。 類似の概念にラプラスの悪魔マクスウェルの悪魔がある。

イレッサの悪魔の提起した問題 

たとえ 実際に使用され蓄積された情報による後知恵に基づく批判 肺がん治療薬イレッサの訴訟にかかる和解勧告に対する見解-日本臨床腫瘍学会 後の時代になって急速に蓄積されたゲフィチニブに関する多くの知見に基づいた後方視的な批判 肺がん治療薬イレッサの訴訟に係る和解勧告に対する見解-日本肺癌学会 であっても、イレッサの悪魔は時間を遡ることができるので、承認当時の添付文書に反映することができると言われる。 イレッサの悪魔が引き起こす問題として親殺しのパラドックスがある。 原告は、多世界解釈こそがパラドックスの解決策だと主張している…のかもしれない。

あとがき 

ページタイトルには「冗談」と入れているが、これは、このページの作成者が巫山戯ているという意味ではない。 原告の詭弁マスコミのプロパガンダの中身が冗談以外の何物でもないという意味である。

メニュー

注意事項

医療問題

全般

イレッサ

偏向報道

訴訟

判決関係

原告の姿勢等

関係団体等

関連情報

ジョーク

外部リンク