【冗談】イレッサ“薬害”の教訓

クレーム対策 

イレッサ訴訟では、後になって取るべきと分かった対策を怠ったと批判されている。 このような 後知恵に基づく批判 肺がん治療薬イレッサの訴訟にかかる和解勧告に対する見解-日本臨床腫瘍学会 後方視的な批判 肺がん治療薬イレッサの訴訟に係る和解勧告に対する見解-日本肺癌学会 に対抗するための対策を考えてみた。

今後、医薬品の承認の可否を検討する場合にはジョゼフ・マクモニーグル(自称予知能力者)や細木数子(占い師)らを招聘すべきであろう。 予知や占いが外れることもあるだろうが、その時は、彼らに責任を取らせれば良い。

あとがき 

ページタイトルには「冗談」と入れているが、これは、このページの作成者が巫山戯ているという意味ではない。 原告の詭弁マスコミのプロパガンダの中身が冗談以外の何物でもないという意味である。

メニュー

注意事項

医療問題

全般

イレッサ

偏向報道

訴訟

判決関係

原告の姿勢等

関係団体等

関連情報

ジョーク

外部リンク